日本人がこだわって作った精密機械とは?

国内で製造された精密機械が国内外を問わず一世を風靡したことが実感できる情報サイト

日本製の精密機械は高性能である評価を得てブランド力を高めた

精密機械としては、時計が古くから製造・販売されています。 なかでも、腕時計においてはジャパンブランドとして国内外を問わず高く評価されていることから、世界の時計産業をけん引しているといっても過言ではないでしょう。 そこで、日本の時計の歴史や世界に先駆けた製造技術について見てみましょう。

戦後の輸出産業の花形として日本の経済成長を支えたカメラ産業

精密機械として、カメラを取り上げないわけにはいきません。 日本のカメラ産業は高度成長期をはじめ、その時代を反映したカメラが生産されてきました。 世界的に大ベストセラーとなった一眼レフカメラと日本メーカーで6割以上のシェアがあるデジタルカメラの歴史や技術開発などについて見てみましょう。

日本の時計産業は実用性と嗜好性の両方向の極大化に挑んでいる

精密機械は、細分化された部品を丹念に組み合わせることでできる機械装置のことです。
ぴったりフィットするような組み合わせとなるように、部品の材料が高質で、その誤差が極めて小さく、精度の高さが求められます。
精密機械には腕時計のような小さな形状なものから、精密測定器のような大掛かりなものまであります。
このように、精密機械は大きさを問わず、構造が複雑で、高度な加工と組立技術を用いて、一定の高い精度が要求される機械の総称です。

精密機械の用途が拡大されてくると、機械装置(メカニズム)と電子工学(エレクトロニクス)の理論や技術を融合させたメカトロニクスという新たな技術分野が生み出されました。
このメカトロニクスは、1972年に安川電機によって商標登録されています。
その後、安川電機はこの商標権を放棄したため、今日では一般名称として使用されています。
このメカトロニクスの浸透により、ロボットや自動改札機などで日本独自の高度な技術開発が進んでいます。

さらに、1980年代以降から、主に電子工学から応用技術を活用したハイテク(ハイ・テクノロジーの略称)分野の研究開発が始まり、1990年代になると、この先端技術にコンピュータを利用した情報処理技術を融合させて独自の技術開発として発展しています。
こうしたハイテク分野の技術を活用して開発された高精度な電子機器なども精密機械の一種といえるでしょう。

このような技術開発の高度化により、精密機械の分類基準は整合的ではなくなりつつあるのが現状のようです。
精密機械は時代とともに関連分野とも技術的に融合しながら、人が生活するうえでの利便性に貢献するなど欠かせない存在となっています。

機械装置と電子工学の融合から人を代替する精密機械が生まれた

精密機械は他の関連技術分野と融合して、人に代わって作業を行うロボットを造り出しました。 人の動作を機械化するには、相当の年月と試行錯誤が必要です。 世界で初めて本格的な二足歩行ロボットを完成させたASIMO(アシモ)や災害大国ならではの災害対応ロボットの開発の取り組みを見てみましょう。

TOPへ戻る